沿革
会社概要ごあいさつ沿革主要設備周辺地図年間勤務表

沿革見出し

昭和38年
昭和46年
昭和47年
昭和48年
昭和52年
昭和53年
昭和56年
昭和60年
昭和61年
昭和63年
平成5年
平成5年
平成7年
平成9年
平成11年

平成15年
平成15年
平成16年
平成17年
平成18年
平成19年
平成22年

平成23年




平成24年


平成25年



小牧市北外山に創業者林信吾が個人で印刷業を開業
豊田市新町に工場を設立東名印刷株式会社(資本金400万円)とする
豊田市広久手町に300坪の土地を購入ここに工場を設立、営業活動を始める
製版設備一式を購入、また工場増設しニューコニー菊全2色機購入
資本金800万円とする
小森印刷機械エクセル単色機購入
小森印刷機械エクセル2色機購入
写研の写植機購入
小森印刷機械エクセル4色機購入
アキヤマ印刷機械4色機購入
資本金1,000万円とする
富士フィルムのカラースキャナーと簡易色校正機を購入
アップル社のマッキントッシュを導入し本格的にDTP制作を開始する
富士フィルムのイメージスキャナーを購入
本社工場の前に新しく土地を購入し輪転工場を建設
小森のB3輪転機システム18Ⅱを購入
富士フィルムのCTPシステムを導入し完全デジタル化を達成
名古屋市西区に名古屋営業所開設
輪転工場増築、約2倍の広さにする
小森のB3輪転機システム18Sを購入すると同時に、CIP3完成
カラー校正機として富士ゼロックスのDocuColor1256GA購入
富士フイルムのCTPシステム2台目購入
富士ゼロックス DocuColor5151P 1台購入
シノハラ79 B2片面4色幾 1台購入
断裁機 イトーテック eRC-100DX  1台導入
富士フィルム/Celebrant RIP-XMF 1台導入
富士フィルム/PRIMOJET SOFT-XG 1台導入
輪転工場/蛍光灯108本LEDに変更
輪転工場/屋根上に太陽光パネル設置(30.0kw)
セレブラRIPを富士フィルム/ハイブリッドワークフローXMFに更新
本社工場/蛍光灯80本LEDに変更
富士ゼロックス/DocuPrint C5000d 1台導入
セレブラRIPを富士フィルム/ハイブリッドワークフローXMFに更新
輪転工場/屋根上に太陽光パネル設置(30.0kw)
河合正幸が代表取締役社長に就任
輪転工場/蛍光灯108本LEDに変更