インデザイン写真
データ入稿の注意点indesignphotoshopindesignofficepdfデータお客様へのお願い

indesign見出し

対応フォントについて
欧文フォント(1バイト)につきましてはデータに添付しご入稿ください。
※添付することが許可されていないフォントもありますので、各フォントの使用許諾契約をご確認ください。
グラフィックス化(アウトライン作成)の注意

アウトライン作成の表現がバージョンによって異なりますが、同様の処理内容となります。
「アウトライン作成」……(ver1.0/2.0)
「グラフィックス化」……(CS/CS2/CS3)
InDesignでは、アウトライン化の方法によってはレイアウトが変わってしまうおそれがあります。
アウトラインをかける場合は、 以下の方法に従って処理を行ってください。
1. 選択ツールでテキストフレームを選択するか、文字ツールでグラフィックス化するフレームを選択。
2. Alt キー(Windows)/Option キー(Macintosh)を押しながら [書式] メニューから「グラフィックス化(アウトライン作成)」を選択します。
※テキストフレームで設定した色や形状は、テキストフレームを選択してグラフィック化(アウトライン作成)をかけた場合は消えてしまいますので、文字ツールで行うようにして下さい。

配置画像の形式とリンクについて
画像の解像度は300~350dpi、CMYKモードにてご用意下さい。
PhotoshopEPS形式を推奨しております。
※PDFが貼り込まれたドキュメントは対応しておりませんのでご了承ください。
※ai形式のデータも貼り込みデータとして使用されるのはおやめ下さい。
配置画像はリンクのままでのご入稿も受け付けております。ドキュメントに割り付けられたテキストもしくは画像ファイルはメニュー項目の「ウインド」から「リンクパレット」に一覧表示されますので必ずリンクを更新したのをご確認後、ご入稿下さい。
プリフライトチェックについて
メニューバーから、ファイル→プリフライトにて出力前のデータの状態を確認することが出来ます。
対応フォントの有無、画像のリンク切れ、CMYKモードの確認を行い、不備が確認されましたら、必要な箇所の修正をお願いします。
パッケージの利用
プリフライト確認後、「パッケージ」を行うことでドキュメントに使用されたファイルを収集することができますので、プリフライトによるチェック後にパッケージされたものを入稿されることを推奨いたします。
PDF書き出しの設定について
InDesignから直接PDFデータを書き出すことが可能です。
X4を使用すれば、安全な印刷用PDFの書き出しができます。
詳しくはAdobeサポートデータベースを参考にして下さい。
https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/how-to/package-data-pdf-preset.html