データ入稿
データ入稿の注意点illustratorphotoshopindesignofficepdfデータお客様へのお願い

データ入稿の注意点

データ入稿についてはメディアの持ち込み・郵送、もしくはオンライン入稿でお願いしております。
メディアによる入稿
■ CD-R、DVD-R
■ USBメモリ
上記の各種メディアを郵送、もしくは来社いただいた上での手渡しにてお願いいたします。
弊社のお伺い可能範囲であれば、ご都合のよい日時に営業者がお客様のもとへお伺いいたします。
ご希望される場合は電話、若しくは当ホームページよりお問い合わせ下さい。
オンライン入稿
■ Eメール
弊社のメールは50MBまで受け取ることが可能ですが、お客様のお使いになられているメールの容量が弊社以下の場合、その容量までしか送ることはできません。 お客様側のメール許容量につきましては、ご契約されている業者様にお問い合わせ下さい。
データの種類が多くアイコンやフォルダの数が複数の場合は圧縮ソフト(Zip形式を希望)により1つのファイルにしてください。
■ FTP入稿
各OS対応の専用のアプリケーション(無料)が必要になりますが、重いデータでも楽に入稿していただけるかと思います。FTP入稿をご希望される場合は入稿方法、パスワード等をご連絡いたしますので、お問い合わせ下さい。
データの入稿と同時に、見本となる校正紙をいただきます。校正紙は必ず完成後のデータを使いプリントしてください。
校正紙プリント後に修正した箇所がある場合はもう一度プリントしていただくか、修正箇所を分かりやすく校正紙に書き込んでいただくようお願いします。
(印刷はこの校正紙が見本となり、それを再現します。 色も基本的にはその校正紙が見本となりますが、ご希望される場合は弊社インクジェットプリンタにて色見本(1枚目は無料)をお出ししますので、お申し付けください。
※色校正用のプリントを2枚目以降をご希望の場合は、別途料金がかかりますのでご了承ください。)
入稿方法が手渡しの場合はその時に、郵送の場合はデータと共に郵送願います。
オンライン入稿の場合はデータをお送りいただいた上で校正紙を郵送、もしくは校正用のPDFを入稿データと共にお送りいただく事になります。(FAXによる校正紙の送信は極力お避け下さい。 正しい校正が出来ない可能性があります)
弊社使用OS
Machintosh 9.2.2/10.5.8/10.7.5/10.8.5/10.9.2
Windows Vista/Windows 7
弊社対応アプリケーション
Adobe Illustrator 5.5/8/9/10/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6/CC
Adobe Photoshop 5.0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6/CC
Adobe InDesign CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6/CC
Adobe Acrobat(PDF) 5/7/8/9/X/XI
Microsoft Office(word・Excel)2003/2007
弊社出力機器
RIP/ FUJI XMF
CTP/ FUJI Luxel-6300CTP S / FUJI Luxel-6500CTP S
インクジェットプリンタ/ 富士フィルム/PRIMOJET SOFT-XG(A0対応)
カラーレーザープリンタ/ FUJI XEROX DC5151P(A3ノビ対応)
データ作成上の注意点
◯出力に必要なデータを分かりやすい状態でフォルダに入れていただけると助かります。
その際、実際は使われていない画像データ、加工前・加工後のデータ等を混在されますとトラブルの元となりますので、必要なデータのみを入れていただくようお願いいたします。
◯文字や線等、切れてしまってはいけない所は仕上がりサイズよりも最低3mmは内側に入れてください。
◯裏面がある場合は大きさ、アタリ等、表裏が合うように注意してください。
◯ご入稿いただきましたデータは、必ずお客様の管理の下バックアップを取っていただくようお願いします。
 
その他使用される各アプリケーション毎に注意点を各項目にまとめさせていただきますので、必ずご使用になられるアプリケーションに対応した注意事項をお読みいただくようお願いします。 (注意事項を守っていただくことによって、納期の短縮化、及び追加料金の発生を抑えることができますので、何卒ご協力をお願いいたします。)