オフィス写真
データ入稿の注意点officephotoshopindesignofficepdfデータお客様へのお願い

office見出し

※Microsoft Office(word・excel等)は本来、印刷データを作成する為のソフトではありません。
Officeデータから印刷データを作成すると、体裁崩れ等の不具合が発生する可能性が非常に高くなります。
元のOfficeデータでのイメージと印刷物の仕上がりイメージは、変化の差はあれどほぼ間違いなく変わってしまうため、確認用にお客様からの出力用の見本が必要になります。
画面のキャプチャ等をプリンタで出力していただき、必ずデータと共にお送り下さい。お送り頂いたキャプチャ画像を元に、こちらでなるべくOfficeデータに近いイメージになるように修正いたしますが、完全に一致したものに仕上げることは不可能であるということをご理解下さい。

対応アプリケーション

弊社で対応しているMicrosoft Officeバージョンは
●Microsoft Word:2003/2007
●Microsoft Excel:2003/2007
以上です。
ご入稿の際には必ずOS名とバージョンをお知らせ下さい。
お知らせいただけない場合、もしくは上記バージョン以外で作成されている場合は、色・線の表現が異なったり、体裁がくずれやすくなります。

納期について

データを入稿頂いてから印刷用データに仕上げるには、最長で1日のお時間をいただくこともあります。状態によってかかる時間は異なるため、すぐに納入日確定とはなりません。お急ぎの場合はお早めのご入稿をお願い致します。
用紙サイズについて
ドキュメントの用紙サイズは必ず仕上がりサイズを指定してください。
塗り足しについて
背景に色が使ってある場合は塗り足しが必要になります。しかしOfficeアプリケーション の場合、用紙サイズ設定ではプリントアウト時の紙サイズという意味になり、実際に印刷で使う塗り足し込みのデータを作れません。またプリンタドライバにもよりますが余白をゼロにできなかったり実際のプリントアウト可能範囲を厳密に設定できません。
塗り足しを正確に設定したい方
仕上がりサイズより大きいサイズで用紙設定を行い、「周りに3mmずつ大きくしたサイズ」「仕上がりサイズ」のボックス(オートシェイプの四角形)2つ を最初に作り、整列機能等を使い中央に揃え、小さい方のボックス(仕上がりサイズを想定)の中に現行を作ってください。

塗り足しは余り気にしない方、背景が白(無地)の方
仕上がりサイズと同様の用紙サイズを設定し作り込みを行い、データ入稿後にこちらで背景のデータを拡大して塗り足しを増やします。(※但し、背景が画像 データの場合は、画像データを少し拡大することになるので、裁ち切り位置の画像が若干切れてしまう可能性があります。予め解像度の高い画像データをご使用下さい。)
フォントについて
まずは弊社の対応フォント一覧をご確認ください。
弊社に同じフォントがない場合は異なるフォントに置き換えられてしまいます。置き換えられることにより文字送りが狂い体裁が崩れてしまう可能性がありますので、スクリーンショット等、画面のキャプチャ画像を送っていただきますようお願いいたします。
弊社にないフォントを使われた場合は、同じような別の書体に置き換えさせていただいた上で、用意していただいたキャプチャ画像を基本としバランスを整えさせていただきます。しかし特殊な書体の場合は、見た目のまるで違うフォントに置き換えさせていただく場合もありますのでご容赦下さい。
書式設定について(色・線・透過性)
オートシェイプ等の書式設定で「透過性」を指示する事は絶対にしないで下さい。また、影を付けるための「影の設定」もしないで下さい。家庭用のインクジェットプリンター等では再現できても、CTP出力の場合は、表現されません。
※指定の色を薄く表現したいとき等は、「透過性」スライダで色を調整するのではなく「色」の設定で調整するようにしてください。影の設定をする場合も、「色」の設定で行って下さい。
線について
0.25pt未満の細い線は使用しないで下さい。線がかすれて表現ができなくなる可能性があります。
(家庭用のインクジェットプリンター等の場合、そのプリンターが出力可能な太さの線に置き換えてしまいますので、印刷されてしまいますが、CTP印刷では出力されない可能性があります。)
画像の配置(挿入)について
写真等画像を挿入される場合、挿入メニュー「図」→「ファイルから」をお選び下さい。
Officeアプリケーションでは、画像解像度は72dpiで表現されますが、印刷品質の画像は300~350dpi必要になるため、印刷品質を再現する為には実際のサイズよりも大きめの画像を用意して、それを縮小して貼付ける事によってある程度の見た目を保つことができます。
いただいたデータを印刷に適したデータへと変換修正する際、上記注意事項に反するもの、及び上記注意事項には記述されていない予期せぬ不備がデータにあった場合には、多くの作業時間がかかる場合もございます。その場合別途修正料金をいただくこともありますのでご了承ください。