pdf写真
データ入稿の注意点pdfphotoshopindesignofficepdfデータお客様へのお願い

pdf見出し

PDF/X4形式でのご入稿をお勧めしています。
AdobeサポートデータベースにX4に関するマニュアルがありますので参考にして下さい。
https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/how-to/package-data-pdf-preset.html
カラーモードについて
RGB画像を使用している場合、こちらでCMYKに変換させていただきます。
その際、色味が変わりお客様のイメージとは異なる色味になってしまう可能性がありますので、RGB画像の使用はおやめ下さい。
フォントについて
使われたフォントは元データでアウトラインをとった状態でPDFにするか、全てのフォントをPDFに埋め込んでからご入稿をお願いします。(文字化けや体裁崩れの原因になります)
解像度について
使用する画像は300~350dpiをお勧めします。
IllustratorCS以降で作成されたデータの中にPhotoshopEPSファイルがリンクされている場合、PDF形式で保存すると画像が分割されて保存されます。(これをそのまま印刷すると、分割された際に生じる白い線が画像に現れることがあります)
そのためPhotoshopEPSはリンクによる配置ではなく画像を埋め込んでいただき、その後にPDF形式に保存して下さい。何かしらの理由により埋め込めない場合はEPSではなく、PSDにて保存したのもをリンクしていただくと症状は緩和される傾向があるようです。
いただいたデータを印刷に適したデータへと変換修正する際、上記注意事項に反するもの、及び上記注意事項には記述されていない予期せぬ不備がデータにあった場合には、多くの作業時間がかかる場合もございます。その場合別途修正料金をいただくこともありますのでご了承ください。