フォトショップ写真
データ入稿の注意点photoshopphotoshopindesignofficepdfデータお客様へのお願い

photoshop見出し

カラーモードについて
データを作成される場合は、まずはじめにカラーモードをCMYKモードに設定して下さい。
※データ作成途中でカラーモードをRGB→CMYKに変換された場合、くすんだ色合いになってしまいますのでご注意下さい。
※フィルタ機能のほとんどはRGBでなければ使用する事ができないため、画像加工をRGBで進める事があるかとは思いますが、最後には必ずCMYKモードに変換し直して下さい。
画像解像度について
解像度は300~350dpiで作成して下さい。(カラーモードがモノクロ2階調の場合は1200dpi推奨)
メニューから「イメージ」→「画像解像度」 pixels/inchで確認します。また、過度に大きな画像サイズ、及び解像度の画像を使われますと、データ量は肥大化し出力の際の円滑な作業の妨げ、強いては不具合へと繋がるおそれもあります。
レイヤーについて
作業中に作成した全レイヤーは、一枚の背景レイヤーに統合してください。オプションメニューから『画像を統合』を選択していただきますと、フォントもラスタライズされ、ファイル保存時にもPhotoshop形式以外のフォーマットを選択できるように なります。複数のレイヤーで構成されたデータは、『画像を統合』を行わない場合、こちらが推奨している「Photoshop EPS形式」には保存できません。
保存形式とプロファイルについて
画像保存時に選択していただく圧縮形式は、「JPEG-最高画質(低圧縮率)」でお願いします。
保存形式は「Photoshop EPS形式」をお奨めしています。
※オプションのチェックは全てはずして保存してください。
※ICCプロファイルは埋め込まないようにお願いします。プロファイルが埋め込まれていますと処理に不具合が起き、正確な色分解が行われません。
いただいたデータを印刷に適したデータへと変換修正する際、上記注意事項に反するもの、及び上記注意事項には記述されていない予期せぬ不備がデータにあった場合には、多くの作業時間がかかる場合もございます。その場合別途修正料金をいただくこともありますのでご了承ください。